Grape’s diary

自分が感じたことや有益な情報をみなさんと共有したいです。

寝起きは、機嫌がわるくなる。そしてこうなる。

 

みなさん寝起きにパンチされたら怒りますか?

 

私は怒ります。

 

それは寝起きから3時間たった私からみたときまるで目を当てられない姿だと思います。

 

というのも普段の生活でパンチされてもおそらく2倍、いや3倍ほどでやり返すほどでしょう。

 

しかし寝起きは違います。

 

少なくとも15倍では、やり返します。

 

いったいなぜでしょう?

 

なぜ寝起きはこんなにも機嫌が悪くなるのでしょう?

 

こう考えだしたのもつい最近、こんなことが起きたからです。

 

それは自分でも怖くなりました。

 

私はいつも寝る前に目覚ましをかけます。

 

これはみなさんも同じだと思います。

 

私はとても心配症です。

 

だから スヌーズ という機能をつけます。

 

スヌーズとは目覚ましを止めてからでも設定をオフにするまで一定の時間が来れば音がなる非常に優れた機能です。

 

これで寝坊することはないといってもいいでしょう。

 

大事な日をトチルこともありません。

 

私は毎日スヌーズを使っています。

 

おかげで少なくとも3回は、音が鳴っても起きなくなりました。

 

これでスヌーズ設定を忘れたら120%寝坊する身体を身につけました。

 

これはいいことではないかもしれませんが私にとってはいいことなのです。

 

ちょっとなにを言ってるわからないと思います。

 

でも安心してください、私もわからないです。

 

それはさておき私はスヌーズを使わずにはいられないのです。

 

スヌーズ中毒とでも言いましょうか。

 

そんなスヌーズにも私にとって一つだけ難点があります。

 

音です。

 

音が大きいのです。

 

まったくもって当たり前です。

 

しかしこれが5回,6回と鳴ると怒りのマグマがたまり始めます。

 

自分でセットしといてマグマがたまるとか言ってるのはまさに愚の骨頂。

 

しかし、なんといっても睡眠中から寝起きは機嫌が悪いのです。

 

そして迎えた8回目、私のボルケーノは大爆発。

 

私の脳から「ピキッ、、、」っと高めの音がしました。

 

そのとき自我が吹っ飛びました。

 

私が私でなくなったのです。

 

気づいたら目覚ましの頭にあるスイッチを拳で「ドンッ!!!」としていました。

 

恐ろしい怪力です。

 

寝起きの人間とは思えない力が宿りました。

 

そしてもちろん壊れました。

 

なんなら頭のスイッチが目覚ましに、めり込んでいました。

 

我に返った私は猛反省です。

 

こんなことがあったので「私は二度とスヌーズにしない!!!!」といいたいところですが、

 

120%、スヌーズなしでは起きれないため手の届かないところに目覚ましを置こうと思います。