Grape’s diary

自分が感じたことや有益な情報をみなさんと共有したいです。

強風の追い風で飛べる。

 

今日はとても風が強い日である。


強風の中の強風である。

 

ニュースでは爆弾低気圧というワードが飛び交っていた。

 

そんな今日、いつも通勤で通る歩道を歩いていた。

 

そしたら「ドンッ!」と誰かに押されたかと思えば風である。

 

よくある「ビュウー!」とかの風ではない。

 

「ドンッ!」の風である。

 

そのときあまりの風の力に低姿勢を保ったほどだ。

 

この強風に押された瞬間、こんなことが頭によぎった。

 

「なんか飛べそうやな。」

 

少しの追い風だとせいぜい「あぁ、歩くの楽だなぁ」と感じるほどだろう。

 

しかし今回の強風は違う。

 

下手をすれば足をすくわれるほどの浮遊感を感じさせる。

 

私はこの発見に興奮したのか両足を手のひらにつけるようにしてみせた。

 

感覚としては1秒は長く浮遊していたはずだ。

 

この飛んでいるところを誰かに見られていたら恥ずかしいの極みであるが、そんなのお構いなしに私は飛んでいた。

 

ここで私の日常の特性について述べておきたい。

 

私は普段から刺激を求めて生きている。

 

つまり慣れきったことがあまり好きではなく退屈に感じてしまう。

 

この特性から日常の中に新しいことを見つけようと意識している。

 

そのためこの強風を活かして何か挑戦できないかなと考えた。

 

思いついたのが強風のなか腰を落とさず向かい風に立ち向かうことである。

 

ここで注目したいのが「腰を落とさず」というところだ。

 

みなさんこれまでに向かい風のなか走ったり歩いたりしたことがあるだろうが大半が低姿勢である。

 

なぜなら重心を低くすることで踏ん張りが効くからだ。

 

強風の中なら、より腰が低くなるだろう。

 

ここで想像してみてほしい。

 

あなたがこれまで感じた強風の向かい風で腰を落とさず歩く姿を。

 

おそらくそれを対面から見たときある種の神々しさがあるだろう。

 

この神々しさは他の人が腰を落とすなか強風も何も感じていないかのような姿が仙人にも似たものを感じさせるのかもしれない。

 

そして私はこれを実践したのだがまさしく他人には持たぬ力強さ、何かを超越したかのようなモノを感じた。

 

優越感にも似た感覚である。

 

こんなことで優越感を得ているなんて愚かだと思うかもしれないが、その通りである。

 

それは置いといて、私の姿を見たものは恐れおののく何かを感じたはずである。

 

こんなことを普段の日常生活から探し出して自己満足する人生も悪くないと思っている。

 

みなさんの周りにも自分なりに工夫すれば面白いことが山ほど転がっていると思う。

 

また何気ないところから面白い挑戦を発見していきたい。